· 

Bcube® on Tour 福岡:IMP(初中級マット)コース開催決定!

ビーキューブのWataru先生による、

IR(初中級リフォーマー)コースの福岡での開催が決定いたしました。

 

ピラティスのインストラクターになりたい方、

STOTT PILATESのIMPを検討している方、
ピラティスを深く学びたいと思っている方、

是非、この機会に貴重なWataru先生のコース受講してみませんか。

申込は、ビーキューブHPにて申込受付中です!!

 

 申込フォームは下記のものとなります。

 

【日程】~全8日間~ 

6/22(月)、23(火)、25(木)、26(金)、27(土)、7/7(火)、8(水)、8(木)

9:30~16:30 

 

【場所 】

Studio Breathing スタジオブリージング

〒815-0033

福岡県福岡市南区大橋1-20-16-2F
→https://www.s-breathing.com/access/

 

 

 *最少開催人数に満たない場合は、

   開催を中止することもございますので、ご了承ください。

**************************************************************************************

~コースの構成と目的を正しく理解した上で取り組むため、

        以下ご同意の上、お申込いただきますようお願いいたします。~

 

●前提

多くのコースには参加にあたっての前提要件があり、各コースごとに異なります。

例:IMPとIRの場合

・バイオメカニクス(生体力学)及び解剖学の知識

・30時間以上のピラティスエクササイズ経験

・3年以上のスポーツ・ダンス・運動指導経験

 

●コース前

ストットピラティス®(以下STOTT PILATES®)のプログラムは、理論・観察・実技経験をバランス良く組み合わせてあり、効率よく内容を習得できるようになっています。事前に教材を参照して臨むことを推奨します。

 

●コースの目的

各コースでは次のような内容を学習します。

・コアの安定、呼吸法、全てのエクササイズの連携に関するストットピラティス® STOTT PILATES®のバイオメカニクス(生体力学)理論を応用する方法

・各エクササイズを詳細にわたって説明できる能力

・エクササイズのゴール、筋肉初動と運動の順序決定

・エクササイズ強度を増減するための調節

・クライアント固有の体のタイプと姿勢に関する問題点に対処するためのモディフィケーション(調節)

・最適な動きとそうではない動きを識別する方法

・クライアントのモチベーションを持続させるためのさまざまなプログラム作成能力

・パフォーマンスの向上とクライアントのモチベーションを高めるための効果的なコミュニケーション、ヴァーヴァルとイメージ・キューの出し方

 

●コース中

コースの全ての時間を受講する必要があります。

コース中は、全てのエクササイズを行える、ケガのない状態である必要があります。

コース中のケガも含め、ケガなどを理由にしてエクササイズに学習を免除されることはありません。

欠席した時間は、補講をされなければなりません。

コース時間の前後において、教材を復習し、次の時間までに指導練習が出来るようにしておかなければなりません。

●録音・撮影

コース中の録音・撮影は厳禁です。

例外的に必要な場合、カナダ本部シニアプログラムディレクターへの申請後、書面での許可を得て、その使用を制限する契約書に署名をすることが必要です。

●コース後

コース時間を全て受講した参加者に対しては、修了書が発行されます。

欠席した時間については、補講が完了するまで、修了とは認められません。

必須の見学、指導実習、練習は、コース時間外に行なわれ、所定のログに記録する事が求められます。

指導実習は、家族、友人、他の生徒、クライアントを指導することによって実績とされます。

練習は、コース中に学んだエクササイズを自ら実践することであり、STOTT PILATES®認定インストラクターのレッスンを受講したり、当該のSTOTT PILATES® DVDをみながら練習することで実績とされます。

見学は、STOTT PILATES®認定インストラクターのレッスンを見学したり、当該のSTOTT PILATES® DVDを閲覧することで実績とされます。

●認定と試験

認定は、コースの修了、筆記と実技の試験の合格をもって授与されます。

認定は、その個人が基準を満たしたプロであることを証明するものです。

試験内容は、過去の内容を積み上げる構成となっています。

(例:CCBの試験では、マットとリフォーマーの内容理解も求められます)

試験は、コース終了日より6か月以内に受験する必要があり、試験料が別途発生するものであります。

マット、リフォーマー、CCB、ISPのコースと試験合格を完了したら、フル認定とされます。